共働き 子育て 旦那 遅い

共働きの子育て!旦那の帰りが遅い場合には?

スポンサーリンク

 

 子供ができると、女性である妻側がその世話を担うケースは多くあります。
 特に仕事をしながら子育てする場合には、負担が大きく感じられることもあります。
 共働きで、旦那の帰りが遅い場合には、子育てにも妻側の負担の比重が大きくなっているケースが発生します。

 

 子供を出産した後に、女性が仕事に復帰することも多くなっていますが、夜中までの残業を負う様な役割をもっている人はまだ少ないでしょう。
 子供ができると、会社の周囲の人達も、早めに帰宅を勧めてくれるようになってきます。
 それでも、旦那の帰りが遅いと、仕事の後帰宅してからも、家事をこなし子育てにも奮闘しなければなりません。

 

 この様な状況が長期的に続くと、妻側の肉体的、精神的な負担が大きくなります。
 イライラがどこかに当たってしまう前に、現在の共働きの態勢について考えてみる必要があります。
 経済的負担を多少できるのであれば、長めの保育サービスなどを利用するのも一つの方法です。

 

スポンサーリンク

 

 共働きで、旦那の帰りが遅いと、子育てにも女性側の力が大きく必要になります。
 人によっては、同じ外で働く立場なのに、どうして女性側ばかりに負担がくるのかと呟いてしまうことなどもあるでしょう。

 

 可能であれば、一番には、夫婦間で話し合いの場をもつことが重要になります。
 子供は二人の間にできるものなので、妻側の心情という面においても、男性側の意見を聞きたいという気持ちがあります。

 

 旦那の帰りが遅いのには、どうしても仕事を抜け出すことができない場合もあります。
 この場合には、仕事以外の部分で解決策を見つけていくことになります。

 

 共働きのまま子育てを続けるのであれば、経済的負担をしても子供を預けるなどが解決策として挙がってきます。
 あるいは、女性側・男性側どちらかの勤務体制を、平日休みを作って週末勤務にシフトするなどもあります。
 いずれの場合にも、旦那、あるいは他の人や会社などの協力体制が必要となってきます。

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。