うつ 子育て できない 影響

うつで子育てができない場合は?

スポンサーリンク

 

 最近では、うつになってしまい子育てができないという人が多くなってきました。
 そのような場合は、まずは心療内科を受診し、何が原因でうつになったのか、そして自分に合った薬を処方してもらったり、カウンセリングを受けることで症状が緩和することがあります。

 

 一人で抱え込まずに、家族など身近な人に相談したり、自治体でも相談にのってくれるところは多くあるのでそのような機関を利用する方法もあります。
 そういったところで、心療内科やメンタルクリニック等を紹介してくれることもあります。

 

 子育ては放棄することはできないので、一人で対処が難しい場合には、周りの人や自治体、国のサービスや対策に頼ってでも解決できるようにすることが大事になってきます。
 頼る家族がいなく一人で子育てをしているような場合で、どうしても子育てができない時には、一時的に子供を児童相談所の施設に預ける方法もあります。

 

スポンサーリンク

 

 一時的に子供を預けて、うつが改善したり、回復して仕事ができるようになり生活ができるようになったら、また子供を引き取ることができます。
 子供が小さい時に親の愛情を受けられない場合、その子供が大きくなった時に様々な影響が出るという研究結果もあります。

 

 子育てをせずに子供を放っておくとネグレクトとみなされ、強制的に子供と引き離されてしまうこともあります。
 そうならない為にも、まずは、うつの症状が酷くならないようにすることが大切になってきます。

 

 うつの薬は様々なものがあり、その人に合う合わないがありますが、主治医と相談しながら自分に合った薬がみつかれば、症状は緩和していきます。
 抗鬱剤を服用するにあたっては、副作用や服用をやめる時に少しずつ薬の量を減らしていかないと他の症状が出てしまうこともあります。
 主治医の指示の元、しかりと治療を行っていきましょう。

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。