貧乏 子育て 辛い 

貧乏で子育てが辛い時は?

スポンサーリンク

 

 家が貧乏で思ったような子育てができない、ママ友との交際費すら惜しい、お友達たちはかわいいブランド子供服なのにうちの子は安いノーブランド、どうしても余所のお宅と比べてしまって辛いという人もいることでしょう。
 各家庭で収入の差はどうしてもあるので、高級なものを常に身にまとっているお母様やお子さんを見ると違いを感じてしまうこともあるものです。

 

 しかし、そのような見かけの幸せにとらわれてはいけません。
 煌びやかな服を纏っていなくても、豪華なアクセサリーを身に付けていなくても、たとえ貧乏でも、健康で温かい家庭が築けていればそれが一番幸せなことなのです。

 

 お金がたくさんあっても、家族がバラバラで愛情のない家庭である方が辛いことです。
 そのような家庭では、たとえ裕福であっても決して良い子育てはできないものです。

 

スポンサーリンク

 

 しかし、子育てにはどうしても先立つものが必要になってきます。
 もっとも確実なのは収入を上げることですが、なかなか簡単なことではありません。

 

 せめて、専業主婦のお母様がパートに出るくらいでしょう。
 ただ、それも子供が小さいうちは簡単ではありません。
 子供を預けることも難しい場合も多いです。

 

 そのようなときは、住んでいる地域の公的機関の支援や制度を最大限に利用するとよいでしょう。
 上手くすれば税金が安くなったり融資を受けられたり、優先的に保育園に預けることができたりとたくさんのメリットが得られます。

 

 子育て中の家庭で意外とメリットの大きいものとしてフリーマーケットがあります。
 自分の不要なものを売り、また必要なものを安く入手することができます。
 子供のいる家庭で必ず出るサイズアウトしてしまった洋服や使わなくなったおもちゃなどを売り、新しい服やおもちゃに買い直すことが容易にできます。

 

 このようなものを積極的に使用することで、貧乏でも楽しく子育てができるでようになります。
 いろいろな工夫をして楽しみながら子育てをしていきましょう。

 

 次の記事はこちらです。
 うつで子育てができない場合は?

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。