子育て 旦那 イライラ 離婚

子育てで旦那にイライラ!離婚の危機になったら?

スポンサーリンク

 

 子育てに対して、旦那さんと上手くいかずに離婚してしまう夫婦は割と多いものです。
 そういった原因の中でも、子供の幼少期に離婚してしまう件数が半数近くも占めている状況です。
 どうしてその時期に集中してしまうのかは、女性ならば誰もが理解できることかと思います。

 

 しかし、旦那さん側にはその理解が足りず、イライラしてしまうことも増してしまいます。 
 つまり、子育てに参加することが少ないため、女性側の負担が大きくなり不満が溜まることに納得いかず、喧嘩も頻繁にするようになるのです。
 子育ては子供が小さいほど手がかかるのは当たり前なので、夫婦ならば協力しなければいけないことなんですが、これがなかなか理解されない訳です。

 

 そんな大事な時期に離婚してしまうのは、親や子供にとっても一生を左右してしまいます。
 旦那さんにイライラしないためにも、上手なやり方でこの時期を乗り越えていかなければいけません。

 

スポンサーリンク

 

 まず、子育てや家事を自分1人で全て背負おうとしない方がいいでしょう。
 頑張ろうとする姿が旦那さんを勘違いさせてしまうことにもなるので、家事ぐらいは少々手を抜いても大丈夫です。

 

 食事が満足に作れなかったり、不慣れな印象を見せてしまうことで、より協力しようという気持ちになってくれるものです。
 そして、手伝ってもらいたい時には、はっきり言葉で伝えるようにしましょう。

 

 男性は言わないと分からないところもあるので、言葉で伝えていくことがお互いの理解に繋がっていくのです。
 また、ただ頼むだけでなく、「体がきつい」や「手が放せない」などの理由を言うことも、妻の大変さが分かるきっかけにもなれるのです。

 

 このようなことから、自分1人で完璧を求めず弱みをどんどん見せていくことで、旦那さん側も父親としてしなければならない役割が見えてくるはずです。
 身体が辛い時には、子育てや家事を代わってもらうようにし、ゆっくり休んでいきましょう。

 

 産後は女性ホルモンが乱れやすい時期なので、ちょっとしたことでもイライラしてしまうのはおかしくはありません。
 人に頼りながらマイペースに取り組んでいくことで、大事な時期の離婚回避にも繋がっていくようになるのです。
 家族の幸せを優先させながら、夫婦のコミュニケーションももっと深めていけるといいですね。

 

 次の記事はこちらです。
 子育てにイライラした父親に必要なのは?

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。