子育て 子供 赤ちゃん イライラ 無視

子育てにイライラして子供を無視したら?

スポンサーリンク

 

 子供を育てる場面では、親の感情が態度になって子供に影響を与えてしまう時もあります。
 必ずしも、平穏無事に全てが回る訳ではありません。
 子育てにイライラしてしまい、子供を無視してしまうケースもあります。

 

 そのような時には、まずは、そうなる背景や原因を自分でも振り返ったり、分析する必要があります。
 一度冷静な気持ちになってから、状況を判断することなどが大事になります。

 

 子育てにイライラしている時には、冷静な気持ちになる時間がもてないという場合もあります。
 このような場合には、誰かに暫く子供の面倒をみてもらったりすれば、子供の世話から離れる時間を作ることができます。
 子供の呼びかけにも無視をしてしまう状況を、自分なりに見つめ直す事ができます。

 

 例えば、仕事と家事の両立で忙しい場合には、自分だけの時間をもつ必要性が出てきていると判断されることもあります。
 自分だけの時間をもつのは、敢えて自分で時間を捻出しないと、中々空いた時間は向こうからはやってきません。

 

スポンサーリンク

 

 子育てにイライラして、子供を無視してしまう原因としては子供がうるさいなどの場合もあります。
 子供の場合には、本能のままに行動するとうるさく騒ぐ子供も大勢います。

 

 うるさいと感じてしまう背景には、実は自分の生活環境などが挙げられる場合もあります。
 夫の帰りが遅くて、日中から夜子供が眠るまで、自分一人が子供の世話をしなくてはならないケースもあります。

 

 特に専業主婦の場合には、子供が生まれて専業主婦にならざるを得ないケースもあります。
 子育てを一人でこなしていると、外出さえままならない場合もあります。
 やりたい時に、やりたいことができないもどかしさは、イライラする気持ちに繋がります。
 子供を無視することで、知らないフリ、仮面を付けて自分を保っている状態でもあります。

 

 この場合には、一番には夫と相談して、子育てを少し分担する、同じ境遇の人たちと会話を共有するなどしてイライラ改善を図るといいでしょう。
 作業や気持ちの分担・分配が、現状を改善する可能性となります。

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。