出産予定日 初産 平均

初産での平均的な出産予定日は?

 

 初産での平均的な出産予定日は、いつくらいなのでしょうか。

 

 妊娠すると最近では出産予定日が日にちまで計算するとすぐにわかり、出産までどのように過ごすか計画がたてやすくなりました。

 

スポンサーリンク

 

 しかし、いくら計算をして出産予定日がわかっても、その通り生まれるとは限りません。

 

 まして、初産となると予定日よりも何日か遅れてしまうことが多いようです。

 

 初産となれば全てが初めての経験となるので、何日も遅れると不安になってしまったり、陣痛が早く来るようにと色々な対策や運動などしてしまう方もいます。

 

 それでも、赤ちゃんは生まれてきますので、不安になったり、急に運動したり、食生活を変えたりすることなく、いつも通りに過ごして、出産まで最後の夫婦二人だけの時間を大切にする方が、精神的にもバランスも取れて、出産予定日に近い日に生むことができ、安産で笑顔で赤ちゃんを迎えることができるようです。

 

 それでは、平均してどのくらい初産の場合は出産予定日からずれてしまうものなのかというと、個人差が大きくあるようで、一概に全ての妊婦が当てはまるわけではありませんが、約一週間くらい遅れるようです。

 

スポンサーリンク

 

 初産はその名の通り初めての出産ですので、子宮口がなかなか柔らかくならなかったり、開かなかったり、陣痛がこなかったりと、出産までに生み出す準備が全て整わないことがよくあることなので、心配であれば医師とよく相談するといいです。

 

 相談することによって安心感を得てその日のうちに陣痛がくることもあります。

 

 このように、何か行動を移すと予定日から平均5日以内に遅れて産まれることが多いようです。

 

 何をする、もしくは何もしない、どちらを選択するのか自己判断せず医師とよく話し合って決めて少しでも理想の出産にして素晴らしい体験にしていくとよいでしょう。

 

 次の記事はこちらです。
 出産予定日を超過!その過ごし方で促進剤投与か否かが変わります

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。