不妊治療 男性 血液検査 項目 費用

男性の不妊治療に血液検査がある?

スポンサーリンク

 

 子供が欲しくてもなかなか子供ができないという夫婦が増えている中、その原因としては晩婚化もその理由の一つとして考えられています。
 最近では不妊の原因は女性だけではなく男性にもその可能性があるということで、夫も不妊治療に参加することが多くなっています。

 

 不妊治療を行うかどうかを判断するには、まずは検査を行うことになります。

 

 男性が最初に行う検査は精液検査となります。
 泌尿器科などにある男性不妊外来に行くことで、精液検査を受けることができます。
 また、夫婦揃って婦人科に行くことで精液検査を受けることもできます。

 

 ここでの検査では、精液に異常が無いかどうかが判明します。
 精子の数が少ない乏精子症やほとんど存在しない無精子症、その他にも精子の活動が活発ではない精子無力症や正常な精子が少ない奇形精子症などが不妊の原因として判明する場合があります。

 

スポンサーリンク

 

 男性の不妊治療における検査としては精液検査がまず第一ですが、それ以外にも様々な検査を行うことになります。

 

 血液検査もその一つです。
 血液検査では主に血液中のホルモン値を調べることになります。
 脳下垂体や精巣に異常があると、このホルモン値に現れるので不妊の原因を特定するのに役立つのです。

 

 尿検査も不妊治療の中では一般的に行われる検査の一つです。
 尿道や前立腺などに炎症が起きている場合、尿の成分を調べることでそれを確かめることができるのです。

 

 この他にも超音波による閉塞性無精子症の検査や、遺伝子検査などによって不妊を特定する方法などがあります。

 

 男性が婦人科に行くというのが恥ずかしいという場合でも、最近では泌尿器科で検査を受けることができるようになっていますので、不妊に悩んでいる人は一度検査を受けるようにしましょう。

 

 不妊に注目のサプリメントはこちら
 海外でも注目の成分「ピニトール」配合【ママナチュレ葉酸サプリ】

 

スポンサーリンク