出産祝い お返し 不要

出産祝いのお返しは不要なの?

スポンサーリンク

 

 出産祝いをいただいたとき、お返しは不要ですと言われること、ありますよね。
 しかしながら本当に不要でいいものか、やっぱりするべきなのか悩んでしまうこともあります。
 出産祝いをいただいたら、出産してから一か月以内に内祝いを送るのが一般的です。

 

 今ではお祝いをいただいたお返しとして内祝いを送るのが一般的になっていますが本来は赤ちゃんが誕生した喜びをおすそ分けしたいという気持ちから、 おめでたいことがあった家族が内輪にお祝いを配るという習慣だったのです。
 なのでお返しするものでは先に内祝いとして配るものだったのです。

 

 地方によってはお祝いをいただいてお返しをしないことを「片祝い」といって縁起が悪いとするところもあります。
 必ずしもそれが出産祝いに関わるかはわかりませんが、身内や親族などその地方に詳しいかたに確認したほうがいいかもしれません。

 

スポンサーリンク

 

 まず自分の両親から出産祝いのお返しは不要だといわれた場合はその言葉に甘えてもいいかもしれません。
 しかし、配偶者のご両親の場合は配偶者とよく相談したほうがよいでしょう。
 出産後少し落ち着いてから赤ちゃんをご両親に見せに行く時に手土産を持っていくのもいいです。

 

 親戚の場合、内祝いはいらないとは言われても社交辞令のときもあるので配偶者はもちろん、両親にも相談したほうがいいでしょう。
 これからもお付き合いがある相手なのでどのような方なのかもわかるかもしれませんし、失礼にならないように注意が必要です。
 職場関係や友人の場合はいらないといわれたのに内祝いを渡すと相手が恐縮してしまうこともあります。

 

 内祝いとしなくてもこれからのお付き合いの中でお食事をごちそうするとかささやかなプレゼントをするなどしていくといいかもしれません。
 また内祝いをしない場合でもお祝いをいただいたことへの感謝の気持ちはお礼状を送ったりして相手に必ず伝えるのが大事です。

 

 次の記事はこちらです。
 産後はおならをすると痛い?

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。