出産 退院 服装 自分

出産後、退院までに自分の服装など準備する物は?

スポンサーリンク

 

 初めての出産は誰でも緊張するものです。
 特に入院した事が無い人にとっては出産はもちろん、入院生活も初めてになります。

 

 入院中は出産後間もなく赤ちゃんのお世話がスタートします。
 24時間体制の慣れない育児に苦戦し疲労が溜まると思います。
 少しでも入院生活がスムーズに行くように、入院から退院するまで準備しておいた良い物を見ていきたいと思います。

 

 まず、入院中に必要な物からです。
 通常分娩予定の病院から入院の手引きなどが配布されます。
 歯ブラシやシャンプー、着替えなど基本的なものは旅行に行く時の荷物となんら変わりません。
 ただ、下着に関しては普通の下着ではなく産褥ショーツを用意しておくと良いでしょう。

 

 人にもよりますが出産直後は腰を上げるのも痛みを伴う事があります。
 そんな時に産褥ショーツがあると非常に便利です。
 病院にもよりますが、寝巻が用意されている場合もあります。
 しかし、自分が授乳しやすいように授乳パジャマを用意しておくのも良いでしょう。
 病院の寝巻が授乳しずらいものだとストレスになります。

 

 院内での服装は基本的に退院するまで授乳しやすい寝巻や部屋着で過ごします。
 少しでも自分のモチベーションを上げる為にもお気に入りのパジャマや服を取り入れるのも一つの手段です。

 

スポンサーリンク

 

 入院準備が整ったら次は緊急事態への備えです。
 特に臨月を迎えるころになると、いつ生まれても良い状態です。

 

 多くの人はつわりも落ち着き気分的にも前向きになれる時期です。
 つい遠出をしたい気持ちになりますが注意が必要です。

 

 まず、日頃の持ち物としてはお財布、携帯電話などの貴重品に加え母子手帳と新生児用のおむつは必須アイテムになります。
 もし外出先で体調が悪くなり緊急搬送される事態になったら、母子手帳がある事で適切な処置を受ける事ができます。

 

 また、破水してしまった場合は新生児用のおむつを当て対処をしましょう。
 その後、病院へ連絡を入れその後の対応を聞きましょう。

 

 お腹が大きくなると今まで穿いてた服が入らなくなります。
 お腹を冷やしたり締め付けるのは胎児にとって良くありません。
 服装はゆったりとしたマタニティ用の服が良いでしょう。

 

 次の記事はこちらです。
 出産祝いのお返しは不要なの?

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。