出産 出血量 平均

出産による出血量の平均ってどれくらい?

スポンサーリンク

 

 出産による出血量は、平均200mlから300mlでおさまり500mlを越えれば分娩時出血多量と判断されます。
 200mlから300mlであれば平均的な量である為に母体に悪影響を与える心配もありません。

 

 この出血は産道や会陰の裂傷、胎盤が剥がれ落ちた部分からの出血ですが、胎盤が排出され産道や会陰の裂傷部分の処置が終わると徐々に出血量は減り二時間後にはナプキンをあてて動けるくらいの量にまで減少します。
 通常胎児と胎盤が排出された後は子宮が元の大きさに戻ろうと急速に収縮を始めますが、稀にこの子宮収縮が不十分であり出血量が増加してしまう事がありこれを弛緩出血と呼びます。

 

 子宮収縮が不十分であると、胎盤が剥がれ落ちむき出しになっている血管が閉じる事が出来ず常に出血が流れている状態になってしまうのです。
 子宮収縮が不十分であり弛緩出血だと判断されれば子宮収縮剤の投与を行い場合によっては抗生剤の投与、輸血を行います。

 

スポンサーリンク

 

 この弛緩出血は出産中に突然引き起こす疾患であり予防する事は難しいのですが、妊娠中に体重が増加し過ぎてしまう事で弛緩出血を引き起こすリスクを高めてしまいます。
 妊娠中の体重の増加は、妊娠糖尿病のリスクを高め妊娠糖尿病は弛緩出血の原因となる巨大児の原因にもなるからです。

 

 妊娠中は、食事管理をきちんと行い体重を増加させ過ぎない様に気をつけなければなりません。
 弛緩出血の原因として考えられるのは、体質、巨大児、羊水過多、急速な分娩、子宮収縮剤の長時間による投与、前置胎盤等様々であり、何の問題も見当たらない妊婦にも突然引き起こされるケースも珍しくはありません。

 

 弛緩出血は分娩中に突然引き起こされ血圧の低下、出血性ショックを引き起こし母体が危険な状態になると恐れられていますが、現代の医療技術では殆どの場合が医師による処置で大事に至る事はありません。

 

 次の記事はこちらです。
 出産から退院までの日数は長い?

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。