出産 痛み 声

出産の痛みを和らげる声の出し方とは?

スポンサーリンク

 

 出産には強い痛みを伴いますが、分娩の進行具合により痛みの感じ方にも個人差があります。
 分娩時には胎児を外に押し出そうと子宮収縮が繰り返されますが、子宮が収縮する度に腰や下腹部に激痛を伴います。
 これを陣痛と呼び分娩が進行するにつれて子宮収縮の間隔が短くなり痛みが強くなります。

 

 更に胎児が狭い骨盤や産道を通り抜けてくる事で、産道が強く押し広げられ内側から下腹部を圧迫される様な激痛が加わります。
 初めて出産を経験する多くの妊婦は陣痛に対する不安や恐怖心を感じがちですが、女性なら誰でも乗り越える事の出来る痛みであり分娩が終了すれば嘘のようにおさまります。

 

 そして分娩中に体の力を上手く抜き、呼吸を整え声の出し方を意識する事で陣痛を和らげスムーズに分娩を進行させる事が出来る様になります。
 出来るだけスムーズな出産を行う為には、事前にシミュレーションを行っておくと良いでしょう。

 

スポンサーリンク

 

 出産をスムーズに進行させるには、体や精神状態をリラックスさせる事が重要です。
 あまりの激痛に大きな声が自然に出てしまいそうになりますが、なるべく力を抜き息をゆっくりと吸いゆっくりと吐く事に集中する事で、体の緊張を解きほぐし陣痛を和らげる事が出来る様になります。

 

 呼吸が乱れてしまえばいきむタイミングを上手く掴めなくなり、分娩の進行を妨げてしまう原因にもなるのです。
 出産前に自身で分娩のシミュレーションを行う場合には、まずリラックスした状態でゆっくりと息を吸ってゆっくりと吐くと言う呼吸法で陣痛を乗り切るイメージを思い描いておくと良いでしょう。

 

 そして陣痛には必ず休みがありその間には全く痛みを感じません。
 この合間に呼吸を整え上手く陣痛の波に乗る事が出来ればパニックに陥る心配もなくスムーズに分娩が進行しやすくなります。

 

 次の記事はこちらです。
 出産による出血量の平均ってどれくらい?

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。