36週 出産 リスク

妊娠36週の出産にはどんなリスクが伴う?

 

 妊娠36週の出産では、どのようなリスクがあるのでしょうか。

 

 妊娠も終わりに差し掛かっている臨月の時期には、母子共に出産に向けて体が準備を始めています。

 

スポンサーリンク

 

 しかし、臨月の最初の週である36週は、まだいつ産まれてきても良いと言える正産期ではないため、出産には高いリスクが付き物だと言われています。

 

 36週に出産してしまうと、母子共に命に関わるリスクが高くなります。

 

 妊娠36週の赤ちゃんは、見た目は新生児と変わりはないのですが、肺の機能や体温調節が整っていないので、上手く呼吸が出来なかったり、体温が保てなかったりする弊害が起こるため、NICUで様子を見るという治療をします。

 

 体重が2500グラムにも満たない低体重児が産まれてしまった場合には、脳性麻痺の症状に伴い、脳の機能や運動能力に支障が出ることがあります。

 

 母体にも赤ちゃんにも共通して言えることで、命を落とすリスクも存在します。

 

スポンサーリンク

 

 その内容としては、妊娠36週での出産は正産期ではないため、それなりの医療機関でないといけないので、個人の産婦人科ではお産が受け付けられない事があります。

 

 個人の産婦人科で妊婦検診を受けられていた人は、大きい医療機関に移らなければいけないため、受け付けてもらう病院を探す必要があるということが挙げられます。

 

 母体の命に関わるリスクとは、妊娠高血圧症候群に伴った異常な程の高血圧や、常位胎盤早期剥離に伴う大量出血や脳内出血などの可能性が挙げられます。

 

 このように、母子共に命に関わる様々なリスクが起こりうるため、36週は臨月ではありますが、出産するには早産になる時期であり、運動をするにしても、適度な運動量を心がけるようにし、お腹が張った時には休み、ストレスや過労や喫煙など、早産の原因となることは避けましょう。

 

 次の記事はこちらです。
 妊娠37週で出産する確率はどれくらい?

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。