流産後 不妊 原因 妊娠しない 治療

流産後の不妊!その原因とは?

 

 

 流産後に不妊となった場合には、その原因は大きく3つに分かれます。
 1つ目は、子宮や卵巣等の生殖器官がダメージを受けている場合
 2つ目は、体力低下の場合
 3つ目は、心因的ダメージやストレスの場合

 

 1つ目の生殖器官のダメージは、流産した時の手術で子宮内が傷ついてしまうと、後の子宮内膜形成がうまくいかず不妊に繋がってしまいます。
 流産後は卵巣が腫れて痛むこともあります。

 

 生殖器官にダメージを受けますと、ホルモンバランスも乱れますので、不妊の原因ともなります。
 痛みがひどい時には、違う病気が隠れている可能性もありますので、心配な方は病院で診てもらった方が良いです。
 いずれの場合も、無理をせず身体をしっかり休めることが大切です。

 

 2つ目の体力低下の場合も、身体を休めて元気になることが最優先となります。
 どの時期に流産しても、大きな身体の変化があったので身体はとても疲れています。
 母体に再び赤ちゃんが宿る為には、多くのエネルギーを蓄えた元気な母体が必要となってきます。

 

 

 

 3つ目の心因的ダメージやストレスが原因の時は、身も心も休養が必要です。
 流産は誰にとっても、どの時期の流産でも本当につらいものです。

 

 特効薬はありませんが、時間薬と言われる様に、時間と共に、わずかながらですが悲しみは軽くなっていきます。
 流産後の悲しみやストレスは交感神経が過剰になり、血管をグルグル巻きにしてしまうので、血液が身体にうまく行き渡らず不妊の原因となってしまいます。

 

 心因的なダメージやストレスは、脳の働きにも影響が出ます。
 脳下垂体からの指令に身体が反応しなくなったり、反応が少なくなります。
 例えば、脳が排卵の指示を出しても、卵巣がその指示を受けつけないと排卵しません。

 

 流産後は、赤ちゃんが気持ち良く母体に戻ってくれる為に、毎日を楽しく幸せな気持ちで過ごすことが大切です。
 友達と大騒ぎして楽しむのも、ご主人と穏やかで暖かな日々を過ごすのも、一人でぼんやりするのも心地良く過ごすことが出来れば良いのです。
 短い時間でも、赤ちゃんがくれた時間は幸せに違いありません。

 

 不妊に注目のサプリメントはこちら
 海外でも注目の成分「ピニトール」配合【ママナチュレ葉酸サプリ】