3人目 不妊 原因

3人目が不妊になる原因とは?

スポンサーリンク

 

 3人目の不妊と聞くと、もう2人も子どもがいるのに贅沢な悩みだと思われがちです。
 しかし、どうしても男の子または女の子が欲しいと願い、妊娠を望んでいる夫婦も少なくはありません。

 

 3人目が不妊になる原因にはどんなものがあるのでしょう。
 生活環境、夫婦の年齢、女性側の職場の環境、理解など様々なものが原因としてあると思います。
 まずは生活の環境、家庭に子供がすでに2人いるということはどのような年齢であっても生活は子供を中心としたものになっていきます。

 

 すると必然的に子供のいない夫婦より家庭内は騒がしく忙しいものになります。
 直接的でなくてもそれが原因となってしまう場合があります。

 

 次に考えられるものは女性側の職場環境、不妊の治療でクリニック受診を考えていても3人目となると職場の考えも寛大ではない場合が多いものです。
 そのためなかなか治療にいけないという方も少なくないようです。

 

スポンサーリンク

 

 3人目の不妊の原因で一番大きなものだと考えられるのが夫婦の年齢です。
 子供がすでに2人いるということはもし上の子供たちを年子で産んでいたとしても、初めての妊娠を望む夫婦よりも年齢は高くなっています。

 

 それに近年は晩婚化が進み、女性の初産の平均年齢も高くなっているという現状があります。
 女性側の年齢が高くなるにつれ卵子は排卵が困難になってきたり、卵子自体も老化をしてくるなど妊娠の確率は低くなってしまいます。

 

 また男性側の年齢が高くなると精子の運動不全や奇形、精子の数の減少などの変化があります。
 ですが年齢が高くなっても不妊を乗り越え可愛い子供を授かっている夫婦はたくさんいます。

 

 あまり悩みすぎてストレスをためてしまうことも原因になる場合があります。
 たまには息を抜くことも大切です。
 子供は授かり物だから、そのうち来るという考えで構えていることも時には大切なことでしょう。

 

 不妊に注目のサプリメントはこちら
 海外でも注目の成分「ピニトール」配合【ママナチュレ葉酸サプリ】

 

スポンサーリンク