不妊 割合 20代

20代の不妊!その割合と治療について

 20代でも不妊になるのでしょうか。
 その割合と治療はどうすればいいのでしょうか。

 

 不妊というと、30代、40代の方の治療などの話が目立ちますが、20代の方でも悩んでいる人はたくさんいます。

 

スポンサーリンク

 

 まず、不妊と呼ばれる定義についてですが、20代の女性の場合、妊娠率は約25%になります。

 

 つまり、単純に考えて4か月、妊娠活動をしていれば、自然に妊娠する可能が高くなるのです。
 この数値から、だいたい6ヶ月以上、妊娠活動をしているのに自然妊娠しない場合には、何らかの原因がある可能性があります。

 

 一般的には結婚して2年以上、自然妊娠しなければ不妊と認定され、病院などで治療を始めることになります。
 各年代を合わせると不妊治療をしている夫婦の割合は約30%ですが、20代の夫婦だけの場合は割合が約7%となっています。

 

 妊娠力は年齢をかさねるごとに低下していくので、20代の割合は全体から見ても少なくなります。

 

スポンサーリンク

 

 しかし、他の年代に比べて、不妊になってしまう原因が年齢でないとすると、その対処方法が、他の年代の人と異なってきます。
 例えば、過度なダイエットなどによりもともと生理不順になってしまっている人、子宮や卵巣などに子宮内膜症などの何らかの病気がある人などが挙げられます。

 

 そういったことが原因の場合は、自分だけで解決することは、困難になってくるので、産婦人科を受診して適切な治療が必要となってきます。
 生まれつき持っている卵子が少ないなど、その人の体質の場合もあるので、そういった場合にも治療となります。

 

 そういった特定の原因がない場合には、他の年代と同様、タイミング法、人工授精、体外受精、顕微鏡受精といった治療になります。
 しかし、それらを始める年齢としても20代の方が治療の効果が出やすいといったことがあります。

 

 不妊に注目のサプリメントはこちら
 海外でも注目の成分「ピニトール」配合【ママナチュレ葉酸サプリ】

 

スポンサーリンク