出産 兆候 準備  

出産記事一覧

 妊娠24週目になると、胎動もしっかり感じられる頃です。 出産への不安を抱えて妊娠うつになる人もいるので、少しでも悩まないように何でも打ち明けられる人が必要です。 大分悩む時は病院で相談しましょう。 この時期、お腹の赤ちゃんはぐるんと回ってみたり、へその緒に絡まって活発に遊んでいます。 一見とても不安な行動ですが、心配はいりません。 この時期は羊水が沢山入れ替わるので、水分も沢山とりましょう。 カ...

 妊娠36週の出産では、どのようなリスクがあるのでしょうか。 妊娠も終わりに差し掛かっている臨月の時期には、母子共に出産に向けて体が準備を始めています。 しかし、臨月の最初の週である36週は、まだいつ産まれてきても良いと言える正産期ではないため、出産には高いリスクが付き物だと言われています。 36週に出産してしまうと、母子共に命に関わるリスクが高くなります。 妊娠36週の赤ちゃんは、見た目は新生児...

 妊娠37週で出産する確率はどれくらいなのでしょうか。 妊娠37週目に入ると赤ちゃんがいつ生まれてきてもおかしくはない正産期と言う時期に入ります。 この時期に出産することを正期産と呼び、この頃の赤ちゃんは2800〜3000gまで成長しており、内臓の機能が十分に整い皮下脂肪がついている為に出産後に問題が起こることは殆どありません。 しかし2500g以下であれば低体重児、4000gまで成長している場合...

 出産予定日とは、WHOの基準によると、「妊娠前の最終月経が始まった日から数えて280日目」という算出方法で計算されています。 しかし、その予定日がいつわかるのかというのが気になるものです。 最も予定日が算出される事の多い時期としては、妊娠8週目から11週目という成長に個人差がない時期であると言われています。 あくまでも出産予定日は、出産の日が分かるというものではなく、妊娠40週目0日になる出産の...

 初産での平均的な出産予定日は、いつくらいなのでしょうか。 妊娠すると最近では出産予定日が日にちまで計算するとすぐにわかり、出産までどのように過ごすか計画がたてやすくなりました。 しかし、いくら計算をして出産予定日がわかっても、その通り生まれるとは限りません。 まして、初産となると予定日よりも何日か遅れてしまうことが多いようです。 初産となれば全てが初めての経験となるので、何日も遅れると不安になっ...

 出産予定日から超過して出産が訪れることはよくあります。 経産より初産の方がその傾向になりやすいとされています。 しかし、出産予定日から1週間から2週間超過してしまうと胎盤が劣化してしまうため、産院にて陣痛促進剤を投与するケースが多いです。 ただし、胎盤の劣化程度が激しいとそれ以前に促進剤投与の可能性もあります。 そのため、出来れば自然に陣痛が起こる方がよいため、その時の過ごし方として出産しやすく...

 おならで、出産の兆候がわかるのでしょうか。 長い妊娠期間を経て、臨月ともなると、「いったいいつ陣痛が始まるんだろう・・・もしかして今日かしら」などと、毎日どきどきするものです。  特に初めての出産では、未知の体験である陣痛や出産に対する不安もあり、ちょっとした体調の変化にも敏感になってしまいますよね。 出産の兆候としては、お腹が以前よりも張りやすくなったり、見た目でわかるほどお腹が下に下がって来...

 妊婦生活は10ヶ月と長く、その間は早く赤ちゃんに会いたいと誰しも待ち遠しくなるものです。 特に妊娠37週以降はいつ産まれてもよいため、仕事は産休に入っていたり、出産準備を終えている方がほとんどではないでしょうか。 そのためいつ陣痛が来るかと落ち着かない日々が続きます。 心の準備も必要になり、陣痛の兆候などを調べる方も多いと思います。 一般的に知られている兆候としては、おしるしがあります。 おしる...

 妊娠中だんだんとお腹も大きくなるにつれて、我が子に会える楽しみや出産への不安などたくさんあるかと思います。 いつ産まれても良い時期になると、身体の不調なども目立ち始めて日常生活にも影響が出てきます。 特に妊娠中に必ずと言って良いほど悩むのが腰痛です。 初期や安定期くらいの時期なら、まだお腹の赤ちゃんも小さいので普通に生活出来ますが、後期になればどんどん赤ちゃんも成長していくので腰にかなりの負担が...

 妊娠中はつわりや体重の増加など、様々な変化が起こったことと思います。 出産を間近のサインとしてどのようなことがあげられるかなど詳しく説明します。 出産直前ちかくになるとおなかの張りが、中期や初期に比べて明らかに大きく変化します。 そのためこの時期に妊娠線を増やしてしまうかたも少なくありません。 このような張りの兆候を感じたら、散歩なども行い出産にむけてスムーズにうまれるよう行うと良いようです。 ...

 妊娠36週目から39週目は臨月と呼ばれる時期でもあり、37週目からは正産期に入り赤ちゃんがいつ生まれてきてもおかしくない状態になります。 この生産期に入れば、いつ何処で陣痛が始まるか分からない状態である為に外出の際にも常に緊張感があり、ハラハラドキドキとした毎日を過ごす事となります。 しかし出産の前兆には様々な症状がある事が分かっており、足の付け根の痛み、前駆陣痛、下痢、お腹が下がる、胎動が減る...

 妊娠をしている時に、出産が怖いと思ったり、逃げられないという気持ちになった場合にはいくつかの対処法があります。 まず第一に大切なことは、初めて子供を授かる場合は、初めての出産は未経験な事なので、怖くて当たり前であると自分自身に言い聞かせる事です。 人間は未知の体験に恐怖を抱く傾向があるために、友人や家族に自分自身の本音を聞いてもらう事も良い方法だといえます。 出産の経験がある人ならば、適切なアド...

 長い妊娠期間を経て、いよいよ臨月ともなると、様々な不安が頭をよぎるものです。 赤ちゃんは無事に生まれるか、自分の体も無事で出産を終えられるか、子育てはうまくできるか、など数えたらきりがありません。 それに加え、初めての出産なら、未知の体験である陣痛や出産に対する不安などもあるでしょう。 その中で、たとえ何度出産を経験しても不安なことと言えば、「もし生まれた子が障害児だったら」ということではないで...

 出産の準備は28週ごろから35週ごろには完了しておいたほうが良いです。 病院にもよりますが、これだけはご自身で用意しておいてくださいと言われる場合もあります。 その場合は出産入院中に病院で産褥セットを購入することが多いので自分で用意するものは少なくてすみ、便利な事もあります。 自分で用意する場合は入院時の荷物がふえるため大変です。 初めてのお産の場合は準備の物を購入すると1つの物に対して何種類も...

 出産の為の入院時は、様々なシチュエーションが想像できます。 ご主人や母親など、家族が一緒の時に入院となれば、荷物は家族にお任せとなるので楽です。 しかし、出産前の兆候と言われる規則的な陣痛は都合良く来るとは限らないので、一人でタクシーで病院に向かう場合を想定して荷作りをした方が良いです。 その場合、タクシーの運転手さんに簡単に預けることの出来るスーツケースが最適です。 荷物の数が多いと、運転手さ...

 出産の直前に吐き気を感じるのは、どうしてなのでしょうか。 結婚していたり子供がほしいと思っている、いないに関わらず、女性なら誰しもが一度は妊娠、出産について考えたことがあるはずです。 妊娠をするということは、身体に多大なる負担を与えます。 それによっていろいろな変化が現れます。 その1つとしてよく悪阻という、妊娠初期に感じる吐き気というものを聞いたことがあると思います。 しかし出産直前にも吐き気...

 妊娠して臨月を迎えると出産まであと少しです。 その頃になると下痢になってしまう妊婦の方がいます。 便秘だった方が快便になったり、快便だった方が下痢気味になったりと個人にもよりますが、体が少しずつ変化していきます。 その理由の1つとしてホルモンの影響もあります。 出産直前の臨月の頃になると、胃腸の働きを弱らせる作用のあるプロゲステロンというホルモンの量が減り、胃腸の機能が戻り活発になります。 また...

 妊娠すると、平均して妊娠5ヶ月頃に胎動を感じ始めることが多いです。 妊娠当初から赤ちゃんは子宮の中をクルクル動き回っています。 しかし、まだ小さいので妊婦の体に感じるほどの強くはありません。 つわりも終わって安定期に入る頃には、赤ちゃんも大きくなり、お腹のあたりにガスが溜まったようなポコポコした感覚が出てきます。 妊婦5ヶ月以降は、段々激しい状態になってきます。 感じる場所は、膀胱のあたりだった...

 スムーズな出産では規則的な陣痛が起こり胎児から分泌されるホルモンの影響を受け次第に産道の筋肉が柔らかく変化し子宮口が開き始めます。 子宮口は陣痛と共にゆっくりと時間をかけて開いて行きますが、胎児が通過する頃には10センチ程度まで全開します。 しかし稀に子宮口が開かないと言うトラブルもありその様な場合スムーズに分娩が進行せず母体や胎児に悪影響を与えてしまいます。 この原因に考えられるのが、微弱陣痛...

 出産には強い痛みを伴いますが、分娩の進行具合により痛みの感じ方にも個人差があります。 分娩時には胎児を外に押し出そうと子宮収縮が繰り返されますが、子宮が収縮する度に腰や下腹部に激痛を伴います。 これを陣痛と呼び分娩が進行するにつれて子宮収縮の間隔が短くなり痛みが強くなります。 更に胎児が狭い骨盤や産道を通り抜けてくる事で、産道が強く押し広げられ内側から下腹部を圧迫される様な激痛が加わります。 初...

 出産による出血量は、平均200mlから300mlでおさまり500mlを越えれば分娩時出血多量と判断されます。 200mlから300mlであれば平均的な量である為に母体に悪影響を与える心配もありません。 この出血は産道や会陰の裂傷、胎盤が剥がれ落ちた部分からの出血ですが、胎盤が排出され産道や会陰の裂傷部分の処置が終わると徐々に出血量は減り二時間後にはナプキンをあてて動けるくらいの量にまで減少します...

 産後の回復状態にもよりますが、一般的に出産から退院までの日数として初産の場合は1週間、経産の場合は5〜6日とされています。 しかし、帝王切開だった場合はそれよりさらに伸び、10日前後となります。 帝王切開は麻酔を使うため、その後痛みのケアに2〜3日必要となるからです。 しかし、近年では入院可能な産婦人科が減ってきている傾向にあることから、より多くの患者の回転率をよくするためにも入院日数は以前より...

 出産は女性にとって人生で最も重要な仕事になります。 しかし出産で一仕事終えた後は、授乳やオムツ替えなどゆっくりする時間も少なくなります。 入院中は、助産師さんなどがフォローしてくれたりするのでまだ自分の時間もありゆっくり出来るかと思います。 入院中は、顔色を見るためにも化粧は厳禁ですが退院する時は化粧をしても良いです。 しかし、普段通りにバッチリとメイクするというよりナチュラルな感じにするだけで...

 初めての出産は誰でも緊張するものです。 特に入院した事が無い人にとっては出産はもちろん、入院生活も初めてになります。 入院中は出産後間もなく赤ちゃんのお世話がスタートします。 24時間体制の慣れない育児に苦戦し疲労が溜まると思います。 少しでも入院生活がスムーズに行くように、入院から退院するまで準備しておいた良い物を見ていきたいと思います。 まず、入院中に必要な物からです。 通常分娩予定の病院か...

 出産祝いをいただいたとき、お返しは不要ですと言われること、ありますよね。 しかしながら本当に不要でいいものか、やっぱりするべきなのか悩んでしまうこともあります。 出産祝いをいただいたら、出産してから一か月以内に内祝いを送るのが一般的です。 今ではお祝いをいただいたお返しとして内祝いを送るのが一般的になっていますが本来は赤ちゃんが誕生した喜びをおすそ分けしたいという気持ちから、 おめでたいことがあ...

 妊娠中のお母さんの心配事に出産することがどのくらい痛いのかをあげている人はよくいますが、意外と産後にも痛いことが待っているのをわかっていない人が多いようです。 赤ちゃんを産んだからといって10ヶ月もの間変わってきた身体ですから簡単には元のようにもどりません。 いろいろ不都合も生じて当たり前です。 実際に、後陣痛や悪露などいろいろ産後はお母さんにとって辛いことや痛いことがあります。 しかし、意外か...

 妊娠中というのは母親の影響が強く赤ちゃんに伝わってしまう時期でもあります。 母親の体の中にいる赤ちゃんにとっては、栄養も全て母親から貰っている状態なので食事による良い影響も悪い影響も全て受けてしまいます。 その為、妊娠中には特に生活習慣に気を使わなければいけない時期でもあります。 また、忘れてはいけないのはストレスも同様に赤ちゃんの健康や発育に大きく関係しているということです。 妊娠中には母親は...