不妊 治療 原因 男性 女性

不妊記事一覧

  不妊治療中は男性も生活に気を配ることが必要です。 例えば、普段口にしている食べ物を工夫することで、少なからず体調が良くなることがあります。 男性の場合には、精子の活動を高める食べ物を積極的に摂ることが大切です。 特定の成分には生殖機能を高める作用があることが分かってきています。 このため、不妊治療中は意識してそのような食べ物を摂取するようにするのが大事になってきます。 例えば、精子の活動を高め...

  不妊治療においては、昨今男性側も様々な検査や治療を求められます。 生殖機能をチェックする際には精子の状態などを調べることになるため、少なからず不快感や羞恥心を感じることがあるのが本当の所です。 不妊治療では、一般的に女性にスポットが当たる傾向が見られ、男性側の気持ちは余り重視されないことがあります。 こういった状況が続くと、ストレスが溜まったり夫婦関係が悪化してしまうことが考えられるため注意が...

 子供が欲しくてもなかなか子供ができないという夫婦が増えている中、その原因としては晩婚化もその理由の一つとして考えられています。 最近では不妊の原因は女性だけではなく男性にもその可能性があるということで、夫も不妊治療に参加することが多くなっています。 不妊治療を行うかどうかを判断するには、まずは検査を行うことになります。 男性が最初に行う検査は精液検査となります。 泌尿器科などにある男性不妊外来に...

 不妊治療中に多い問題の一つが、男性が感じるプレッシャーです。 こういった治療を始める際には、通常排卵日に夫婦生活を行うタイミング法が最初に勧められます。 女性の排卵日は正常に排卵がある場合でも、1カ月に数日程度です。 従って、この間に上手に妊娠に至る必要があります。 男性にとっては、このような状況が一つのプレッシャーになるのが常です。 女性側からの期待の大きさが、却って負担になるのがこういった排...

  結婚してからなかなか妊娠できない場合、特に女性の年齢を優先させて、不妊治療を始めることがお勧めです。  女性は出産年齢に限界があるため、妊娠する確率や体力のことも考えて、なるべく早いうちに出産をするのが理想です。 そして、不妊治療を始める際は、夫婦揃って受けていくことが効果的になります。 不妊原因は男女ともに半分ずつの可能性があるため、男性だからといって無視はできません。 しかし、男性は夫婦一...

  昨今、晩婚化が進む日本では、不妊治療に悩む夫婦が増加してきています。 一般的に2年間夫婦生活を過ごしても子供ができなかった場合は何らかの原因があると考え不妊治療を始めます。 しかし女性は35歳を過ぎると卵子の質が低下し始めるので、年齢を重ねた夫婦は早めの治療が望ましいとされています。 年齢的なことから不妊の原因は女性にあると見られることも多いですが、検査の結果に男性側の要因も多く見られ、男女半...

 不妊とは妊娠するための夫婦生活を行っているにも関わらず、妊娠することができない状態のことです。 不妊となる理由はさまざまであり、男女どちら側にも問題がある場合があります。 妊娠のプロセスとしては、夫婦生活を行ない精子を子宮内に送り込むことでその精子が卵子に着床し、そこから細胞分裂が開始されるというものです。 しかし細胞分裂が開始されて胎児となっても成長が順調に行くわけではなく流れてしまう場合もあ...

 20代でも不妊になるのでしょうか。 その割合と治療はどうすればいいのでしょうか。 不妊というと、30代、40代の方の治療などの話が目立ちますが、20代の方でも悩んでいる人はたくさんいます。 まず、不妊と呼ばれる定義についてですが、20代の女性の場合、妊娠率は約25%になります。 つまり、単純に考えて4か月、妊娠活動をしていれば、自然に妊娠する可能が高くなるのです。 この数値から、だいたい6ヶ月以...

 不妊症になる原因として人工妊娠中絶があると言われています。 しかし、手術をしたから不妊の確率が高くなるということはなく、逆に手術後は妊娠しやすいという説もあります。 人工妊娠中絶の手術は、母体への影響や望まない妊娠、経済的な面で育てることが不可能な場合などに受けられるもので、子宮内にいる胎児を医療器具で掻き出すという手術が行われます。 子宮内を掻き出すので、子宮の内壁に傷が付いてしまうため、その...

 3人目の不妊と聞くと、もう2人も子どもがいるのに贅沢な悩みだと思われがちです。 しかし、どうしても男の子または女の子が欲しいと願い、妊娠を望んでいる夫婦も少なくはありません。 3人目が不妊になる原因にはどんなものがあるのでしょう。 生活環境、夫婦の年齢、女性側の職場の環境、理解など様々なものが原因としてあると思います。 まずは生活の環境、家庭に子供がすでに2人いるということはどのような年齢であっ...

  流産後に不妊となった場合には、その原因は大きく3つに分かれます。 1つ目は、子宮や卵巣等の生殖器官がダメージを受けている場合 2つ目は、体力低下の場合 3つ目は、心因的ダメージやストレスの場合 1つ目の生殖器官のダメージは、流産した時の手術で子宮内が傷ついてしまうと、後の子宮内膜形成がうまくいかず不妊に繋がってしまいます。 流産後は卵巣が腫れて痛むこともあります。 生殖器官にダメージを受けます...

  結婚をしたら自然と子供ができるものだと思っている人が多いようですが、命を授かるということはそんなに簡単なことではありません。 子供が欲しくてもなかなか授かることができずに悩んでいる人はたくさんいるのです。 結婚をして子供を作ろうと意識し始めて実践してみても、なかなか授からずに生理でリセットしてしまったら特に女性はとても辛い気持ちになったり、落ち込んでしまったりしてしまいます。 生理前の身体の兆...

 離婚の原因は人によって色々ありますが、不妊が原因で離婚する夫婦も少なくはありません。 妊娠できる身体なのかどうかは妊娠しなければ分からないことでもあります。 当たり前のように子供を授かれると思っていたら大間違いなのです。 また、不妊の原因は女性だけにあるものではありません。 男性側の原因で子供が授かれないケースも多いですから、治療を行う時には夫婦そろって検査をすることが必要になります。 子供が授...

 結婚をして、そろそろ子供が欲しいと思ってもなかなか思うように子供を授かれないと悩む夫婦も多くいます。 そのため、不妊治療をやってみるものの思うように授からず、治療費も高額になり、その上夫婦に溝ができて離婚に至ってしまうというケースが増えてきています。 初めは夫婦で取り組んでいた不妊治療ですが、時間が経過するうちに妻は肉体的にも精神的にも疲れ、夫はないがしろにされた気持ちになったりします。 妻は夫...