出産 兆候 準備  

出産の兆候と準備について

 もうすぐ、新しい命が誕生しますね。
 いよいよ待ちに待った我が子との対面の時がやってくるのです。
 嬉しいですね。
 でも、不安もあるかもしれません。

 

スポンサーリンク

 

 このサイトでは、出産を迎えるにあたって起こるいろいろな症状や兆候、そのために準備しないといけないものなどについてご紹介していきます。

 

 臨月になって出産が近づくと、いろいろな兆候が現れてくるものです。
 例えば、胎児が下の方へ移動してくることで、胃の近辺の圧迫がなくなりスッキリするようになります。
 その変わりにお腹の下の方が圧迫されるようになるのです。

 

 このような兆候が感じられたら、そろそろ出産の心構えをしておくと良いでしょう。
 ただ、その兆候は人によって違ってくるものなので、必ずしも現れるとは限りません。

 

 では、どのような兆候があるかをみていきましょう。

胃がスッキリする

 胎児が下へ降りてくることで、胃への圧迫がなくなり、解放されるようになります。

 

おなかの張りが頻繁になる

 今まで以上に頻繁にお腹が張るようになります。

 

スポンサーリンク

 

恥骨の痛み

 女性ホルモンの働きで恥骨がゆるみ始め、骨盤が開くようになり、出差の準備が整っていきます。

 

腰の痛み

 胎児の頭によって腰が圧迫され、痛みが出ることがあります。

 

トイレの回数が増える

 胎児の頭によって膀胱が刺激されることでトイレが近くなります。

 

おりものの量が多くなる

 胎児の通過をスムーズにするために、おりものの量が多くなってきます。

 

 これらの兆候がよく現れるようになってくるのですが、その程度や頻度は人によって違うものです。

 

 そして、いよいよお産が始まるという時には、主に破水と陣痛が始まるようになります。
 これらが始まることで、お母さんにその時が近いということを知らせてくれるのです。

 

 周りの人の助けなどを借りて、早めに病院へ行くようにしましょう。
 また、いつ始まってもいいように、持って行くものを予め準備しておくと良いでしょう

 

破水

 破水すると、胎児を包んでいる膜が破れ、羊水が出てくるようになります。
 これが始まると、数日で陣痛が起こるようになります。

 

陣痛

 陣痛は子宮が収縮して、赤ちゃんを外に出そうとする時の痛みです。
 通常では、出産が近づくにつれて痛みのインターバルが短くなり、痛みの強さが増してくるようになります。

 

 次の記事はこちらです。
 妊娠24週の赤ちゃんと出産準備について

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。